本文へ移動

パネルヒーター

パネルヒーターとは

セラミック繊維成形体の中にヒーター線が組み込まれた形のヒーターです。ヒーターの背面が断熱材で覆われ、被加熱面にはヒーター線が露出した構造で、断熱効果が高く、加熱特性に優れたヒーターです。特長は、炉内温度コントロールの迅速化と安定化に優れている点にあります。蓄熱量が低いため、温度追随性が良好で施工性に優れ、昇温および降温時間が少ないタイプのヒーターです。

仕様及び形状

   

 パネルヒーターは軽量で耐熱性・断熱性に優れたセラミックファイバーの成形品にコイルヒーターを埋め込み、一体化したもので、断熱材としての機能と発熱体としての機能を兼ね備えた製品です。
炉内温度コントロールの迅速化と安定化にも優れ、軽量で取り扱いが簡単なことから、省エネルギー・省力化の要求される各種工業炉や実験炉等で幅広く使用されています。

使用目的に合わせて板状、円筒状など様々な形状に加工できます。

 
1.各種金属熱処理炉
2.半導体用拡散炉
3.CVD炉
4.各種実験炉
 
  パネルヒーター
最高使用温度(℃)
使用条件による(1200℃)。
絶縁抵抗値(Ω)(常温、測定電圧500V) 5MΩ以上
     
   
   

 発熱体容量 標準 10~20KW/m2

パネルの厚さ

板状の場合 標準 30~100mm
その他の形状 標準 25~50mm

ヒーター製作例

大型電気炉
研究用から大型炉に至るまで、各種パネルヒーターを製造しております。目的に応じた炉の設計は多くの納入実績を生かし、お客様のご要望に沿う形でご提案いたします。
セラミック・ウール工業株式会社
〒162-0854
東京都新宿区南山伏町2-12-602

 
▼お問い合わせ・ご相談
技術的なご相談や試作依頼などお気軽にお問い合わせください。

03-3268-2181
03-3235-5929
 
 
0
4
0
6
5
9
TOPへ戻る